ケチな新社会人の節約ブログ

お金節約のためのおすすめ商品、サービスを紹介します。

【太平洋フェリー】フェリーで交通費を節約しよう!【名古屋⇔仙台⇔北海道】

f:id:cheapskate:20200711114117p:plain

 

こんにちは。ケチな新社会人です。

 

今回は私もよく使う「太平洋フェリー」のご紹介です。

太平洋フェリーを使うことによって、交通費をかなり安く抑えることができます!

  • 出来るだけ安く移動(名古屋⇔仙台⇔北海道)したい!
  • 船旅を楽しみたい!
  • 移動時間の長さは気にしない!

という方必見です!

 

目次

 

太平洋フェリーとは

太平洋フェリーとは、名古屋、仙台、北海道(苫小牧)間を航行しているフェリーです。

私のブログの記事でも詳しくご紹介していますので是非ご覧ください。

www.ketiotoko.info

 

www.taiheiyo-ferry.co.jp

 

 

運賃はどのくらい??

太平洋フェリーで最もお得な割引は「早割」です。

乗船日2ヵ月前~28日前に予約することで運賃が50%割引(一部の客室タイプは40%)になります(客室数に限りあり)。

 そしてその早割を使うと、運賃は以下の表になります。

 

「苫小牧ー仙台」の最安は4500円、「苫小牧ー名古屋」の最安は5800円、「仙台ー名古屋」の最安は3900円です。

f:id:cheapskate:20200614190653p:plain

早割を適用した運賃表

 

とても安く移動できます!!

 運賃だけでなく、車やバイクの運送費も安く(30%OFF)なります!

詳しく知りたい方は公式HPをどうぞ<早割|運賃・お得なプラン|太平洋フェリー

 

 

早割を利用するときの注意点

早割には客室数に限りがあります。早割は人気なので早く売り切れてしまいます

ですが、早割の予約解禁日(乗船日の2ヵ月前)なら簡単に予約を取ることができます。

 

早割が使える期間は年によって異なります

2020年ですと、1月6日~4月27日  / 5月6日~7月22日  / 8月22日~9月30日 が早割が使える期間です。

 

一度予約してしまうと、いつキャンセルしようが、キャンセル料がかかってしまいます

最低でも「運賃×30%」のキャンセル料がかかります。それに加えてキャンセルした日によって手数料がかかります(乗船日の7日前までなら200円)。

 

 

まとめ

太平洋フェリーの「早割」を使うことで、交通費をかなり安く抑えることができます。

 交通費をできるだけ節約したい方、ぜひ使ってみて下さい!