ケチな新社会人の節約ブログ

お金節約のためのおすすめ商品、サービスを紹介します。

【コスパ最高なロボット掃除機】15000円で掃除しなくていいなら買う【ECOVACS DEEBOT N79】

 

f:id:cheapskate:20200711113836j:plain

こんにちは。ケチな新社会人です。

 

掃除は好きですか?

 

私は掃除が大嫌いですが、床がゴミや髪の毛だらけになるのはもっと嫌なのでたまに掃除をしていました。

そんな時見つけたのが雑誌に載っていた15000円のロボット掃除機。

この子を買ってからほとんど掃除をしなくなりました

 

私がロボット掃除機を自宅に導入してから半年程経ちましたので、今回は可愛いコイツのコスパがいかに素晴らしいかをご紹介します。

 

先に簡単に結論を言うと

良い点

  • ・約15000円と安価
  • ・しっかりと掃除をしてくれる
  • ・掃除時間指定、スマホ操作など機能も十分
  • ・フィルター掃除などの手入れは簡単

 

悪い点

  • ・床にあるケーブルや服などを巻き込む危険があるのでそれを避けるためにある程度は自分で掃除が必要
  • ・掃除中は静かではない
  • ・部屋の間取りを覚える機能はないので大きな家には向かないかも?
  • ・純正部品は安くない

 

下記でこれらを詳しくお話しします。

 

目次

 

ECOVACS DEEBOT N79 の概要

ECOVACS ROBOTICSという中国の会社が販売しているロボット掃除機。

基本機能を搭載したベーシックモデルという位置づけで販売されています。

 

定価は19800円ですが、現在(2020/05/09)amazonでは15000円と安価に購入できます。

 

このロボット掃除機の概要は文字で説明するより動画で見てもらった方が早いと思うのでECOVACSの公式動画をご覧ください。

www.youtube.com

 

↓↓公式HPの商品紹介ページURL↓↓

https://www.ecovacs.com/jp/goods/feature/id/2017110359fc2b3cd1c49

 

では動画で紹介されている機能の使い勝手(私の感想)をご説明します。

 

スケジュール機能

掃除する時間、曜日を指定できる機能です。

 

ECOVACS HOMEという公式アプリを使って下図のように指定します。

何曜日の何時に掃除を行うかを複数指定できます。時間になると勝手に動き出して掃除をしてくれます。

 

ですが自分は使っていません。

床にケーブルやビニール袋がある状態で掃除を始めてしまうと、ロボット掃除機が巻き込んでしまうからです。※後述します

 

なので自分は外出する前に床にそういった物が落ちてないか確認してからロボット本体のボタンを押して掃除を始めさせます。

f:id:cheapskate:20200509153735p:plain
f:id:cheapskate:20200509153729p:plain
ECOVACS HOMEのスケジュール設定画面

 

スケジュール機能以外の機能

ECOVACS HOMEではスケジュール設定以外にも、

  • ・ロボット掃除機のステータス(掃除中、充電中など)
  • ・バッテリー残量
  • ・リモコン機能(掃除開始、充電ドッグに戻るなど)
  • ・ブラシやフィルターなどのアクセサリーの交換時期目安

など様々なことができます。

 

アクセサリーの交換時期についてですが、私の場合、ロボット掃除機についているアクセサリーの交換時期目安は、半年使用して交換まで50%となりました。ブラシの状態をみるとまあそんなところかなと思います。

 

サイドブラシ(くるくる回るもの)とフィルターの予備は本体と同梱されていますが、それを使い切ってしまった場合、またはメインブラシを交換する必要がある場合新しく購入する必要があります。

 

Amazonや楽天市場にECOVACSの純正品がありますが、一式セットで約6000円とそこそこします。サードパーティー製のものだと約2000円で買えます。私はまだ交換部品を買ったことがないのでサードパーティー製のものがしっかり使えるのかは分かりません。

f:id:cheapskate:20200509153709p:plain
f:id:cheapskate:20200509153733p:plain
f:id:cheapskate:20200509153737p:plain
ECOVACS HOMEの操作画面

 

段差乗り越え機能

その名の通り、ロボット掃除機はカーペットなどの段差は乗り越えてくれます。

公式では1.4cm以下の段差なら乗り越えられるということになってます。

私の自宅にあるカーペットもしっかり乗り越えてくれました。

 

 

スマート衝突防止センサー

このロボット掃除機の前面には衝突防止センサーが搭載されています。おかげでロボットが家具に衝突を繰り返して傷がつくなんでことはありません。

 

しかしこのセンサー、万能ではありません。

 

壁やタンスや冷蔵庫など大きいモノならセンサーが検知して衝突する前に避けてくれますが、服や靴など大きくないものはセンサ―が検知できず、ぶつかってしまいます。

 

ですが、そういった場合のために、衝突を検知するセンサーがついています。

衝突を検知したら物を回避するようにルートを変更してくれます。

 

しかしこのセンサーも万能ではありません。

 

服などすべりやすい、摩擦抵抗が小さいものだとこのセンサーが反応しません。

結果、服などを壁際まで持って行ってしまいます(笑)

 

なのでロボット掃除機を起動する前は服やケーブルなど小さいものは片付ける必要があります。

f:id:cheapskate:20200509195354p:plain

ECOVACS ROBOTICS公式HP<https://www.ecovacs.com/jp/goods/feature/id/2017110359fc2b3cd1c49>より抜粋

 

 

 

 段差から落下しない

このロボット掃除機は下り階段のような大きな段差を検知してくれます。なので落下して壊れてしまうなんてことはありません

 

私の自宅にも落下してしまうような段差がありますが、ロボット掃除機が落下してしまったということは半年で一度もありませんでした。優秀です。

 

 

4つの掃除モード

 このロボット掃除機には、

  • ・自動清掃モード…標準の清掃モード、部屋全体を掃除するように回る
  • ・シングルルームモード…部屋が小さいという前提で清掃し自動清掃より早く終了する
  • ・壁際掃除モード…壁際のみ清掃する
  • ・スポット掃除モード…ある地点をくるくる回って集中的に清掃する

という4つの清掃モードがあります。

 

私は自動清掃モードしか使いません。

会社にいる間にロボットに清掃してもらうので、早く清掃を終了して欲しいということはなく、壁際だけ清掃して欲しいということもなく、集中的に清掃して欲しいなんてこともないからです。

 

ほとんどの人は自動清掃モードしか使用しないのではないでしょうか・・・?

 

 

自動充電

このロボット掃除機は清掃終了後、または電池残量が少ない時、またはリモコンで充電指示をした時に充電ドックに戻ってくれます。

 

充電ドックから電波が出ているらしく、ロボット掃除機はこの電波を頼りに帰ります。なので道に迷って途中で息絶えてしまうなんてことはありません

 

これは非常に便利です。

私の場合は、外出前に掃除を開始させるので、帰宅した時にはちゃんと充電ドックに戻ってくれます。おりこうさんです。

 

 

ロボット掃除機の清掃能力テスト

このロボット掃除機、自分で掃除機をかけた時と変わりないほどしっかりと清掃してくれます。

 

その清掃能力をお見せするために簡単なテストを行いました。

床にコーヒー豆と砂糖を置き、それをロボット掃除機に掃除させました。

その結果が下図です。綺麗に掃除できているのが分かります。

 

これだけ清掃能力があれば合格でしょう。

f:id:cheapskate:20200509204131j:plain
f:id:cheapskate:20200509204115j:plain
掃除する前(左)と後(右)

 

まとめ

概要でもちょくちょく言いましたが、このロボット掃除機の良いところ、悪いところを紹介します。

 

良い所

15000円で掃除せずに済む!

概要と清掃テストで紹介した通り、15000円で十分な機能、清掃能力があります。15000円で掃除する時間を他に使えるなら安い買い物です。

 

手入れは簡単

これは一般的な掃除機でも同じですが、ロボット掃除機がゴミで一杯になったらゴミケースを外してゴミ箱に捨てる必要や、フィルターがホコリだらけになったら水洗いする必要があります。

しかし、このロボット掃除機はゴミケースとフィルターを簡単に外せるようになっています。サイズも小さいので簡単に手入れができます。

 

 

 

悪い所

ロボット掃除機がケーブルやビニール袋を巻き込む

このロボット掃除機には衝突防止センサーが搭載されていますが、ケーブルなどは検知できず巻き込んでしまいます。

 

巻き込んでしまった場合、ロボットが緊急停止するか、そのまま動き続けてケーブルが破損してしまったりします。

 

ですので、「掃除せずに済む!」とか言いましたが、ロボット掃除機を起動する前にそういった物を床からどかすか、ロボット掃除機が行けないように大きなものでブロックする必要があります。

 

 

掃除中は静かではない

仕方ないですね。掃除機をかけているようなものですから。

公式ではこのロボット掃除機の騒音は64dB(デシベル)とのこと。一般的な掃除機の騒音と同じくらいです。

 

家が大きいとしっかりと掃除できないかも?

これはあくまで推測ですが、このロボット掃除機は大きな家だとしっかりと掃除できないと思われます。

 

高価なロボット掃除機だと家の間取りを記憶する機能がありますが、このロボット掃除機にはありません。このロボット掃除機は直進走行、ターン走行、壁際走行をランダムに行って清掃を行うようです。なので、大きな家だと全体を清掃する前に電池切れになってしまう(清掃可能時間は公式だと120分)ということが考えられます。

 

ちなみに私は前に6畳2部屋の2Kで使用していましたが、しっかりと清掃してくれました。それよりも大きな家だとどうなるか分かりません。

 

純正交換部品は安くない

概要の途中でもお話しましたが、ロボット掃除機を半年ほど使用して、部品交換まで残り50%となっていました。

 

本体に付属しているサイドブラシとフィルターの予備を使い切った、もしくはメインブラシを交換する必要(メインブラシの予備は付属していないため)がある場合、部品を購入する必要があります。

 

Amazonや楽天市場で部品が販売されていますが、純正品だと一式セットで約6000円、サードパーティー製だと約2000円です。純正品は安くないですね。

 

 

 

以上、ロボット掃除機 ECOVACS DEEBOT N79のご紹介でした。

 

ロボット掃除機は安いものから高いものまであり、高いものだと家の間取り記憶機能やモップがけ機能を搭載しているものがあります。

その中でも必要十分な機能と清掃能力、比較的安価な価格であるECOVACS DEEBOT N79を私はおすすめします。